企業情報

PHILOSOPHY

企業理念


世に送り出される商品を正しく伝え
人々の生活向上に寄与する

「社会に貢献すること」、「感謝と奉仕する気持ち」、「いつも心を磨くこと」、「働くことの尊さと喜び」、「学ぶ心は明日の飛躍になること」、「創意工夫すること」、「礼節と公明正大であること」この七ヶ条を忘れずに、私たち大蔵屋商事グループはうるおいやすらぎ創造企業を目指し、これからも積極的かつ継続的にイノベーションを実施してまいります。

TOP MESSAGE

代表メッセージ

代表取締役社長

植木 康守


いつもお客様のそばに
「うるおい」と
「やすらぎのオアシス」を。

当社グループは、1964年(昭和39年)に創業者である実父が、埼玉県川口市で創業して以来 「世に送り出される商品を正しく伝え人々の生活向上に寄与する」という経営理念のもと、突き進んでまいりました。それは 「うるおいやすらぎ創造企業」として、いつもお客様のそばに 「うるおい」と 「やすらぎのオアシス」作りに邁進してきた歴史そのものなのです。


お客様に「身近な便利」と
「おいしさ」を提供し、
選ばれ続けるオンリーワン企業へ。

これからも人の生活に欠かすことができない飲み物と食べ物を、3つの温度帯(常温・冷蔵・冷凍)インフラとジャストインタイムの物流機能を通じて、お客さまに「身近な便利」と「おいしさ」を提供し続けてまいります。いかにして他社と違う「ユニークさ」を創っていくか、「オンリーワン」になれるか、これからも大蔵屋商事グループは、常に「大蔵屋商事グループでないとできない」ことを愚直に追及していきたいと思っています。


従業員、そして新しく
仲間になっていただく皆様へ

最近、つくづく思うのは、仕事も人生も、結局「楽しんでいる人にはかなわない」ということです。誰かに指示されて嫌々働いても、良いパフォーマンスは生まれません。大事なのは「何がしたいか」「何ができるか」という個人のビジョンを自覚し、それを組織のビジョンとすり合わせること。個人と組織の方向が一致すれば、仕事は驚くほど楽しくなっていきます。自分の内的な動機を膨らませ、自発的なエネルギーを爆発させ、思う存分「楽しく」仕事をしましょう。
私は大蔵屋商事グループを、仕事を通じて人生を楽しめるプラットフォーム(場)にしたいと考えています。一人ひとりが自分の特性を自覚し、期待されていることを理解し、適材適所で活躍できる。そんな組織を作りたいと思います。さあー未来に向かって、一緒に挑戦していきましょう。

COMPANY OUTLINE

会社概要

大蔵屋商事

大蔵屋商事は、関東一円のエリアに密着し、清涼飲料水やドライ食品などの
ベンディングサービス・販売を中心としたトータルサービスを提供しています。
デパートやスポーツ施設、公共交通機関など、みなさまの身近なところに、
潤いと安らぎのオアシスを創造してまいります。

           
商号大蔵屋商事株式会社
所在地 〒332-0031 埼玉県川口市青木1-4-26 Google Map
設立 1976年7月1日
資本金 1,785万円
事業内容

清涼飲料水の販売およびベンディングサービス(直販営業部)

ドライ食品・フローズン食品のベンディングサービス

大手メーカー清涼飲料水・食品取次販売(特販営業部)

各種自動販売機の販売・テクニカルサービス

創業者 植木 瞭
代表者 代表取締役社長 植木 康守
従業員 239名(2023年2月現在)
主な仕入先

飲料関係

アサヒ飲料株式会社

サントリーフーズ株式会社

キリンビバレッジ株式会社

ポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社

大塚製薬株式会社

大塚食品株式会社

株式会社明治

株式会社サンコー

株式会社三愛

機材関係

サンデン・リテールシステム株式会社

富士電機株式会社

大蔵屋商事 会社沿革

1976年

7月

9月

金木屋商事株式会社の飲料事業部門を業務拡大の目的として設立

メンテナンス事業(メンテ事業部)を業務開始

1984年

9月

大宮流通センター(現:大宮支店)を開設

1986年

3月

6月

東京営業所を開設

市川営業所(現:葛飾支店)を開設

1987年

6月

10月

本社を埼玉県南卸団地に移転

「グリーンハーモニーさいたま」に出店参加

1988年

3月

「さいたま博覧会」に出店参加

1989年

3月

11月

配送車に専用ルートカーを全面的に導入

業務サービスの向上を目的として、会社組織を事業部制に変更

1990年

2月

9月

市場開発を目的として「池袋営業所」を開設

神奈川営業所を開設

1992年

2月

2月

10月

金木屋商事株式会社の飲料事業部を大蔵屋商事株式会社に統合、業務開始

川口営業所(現:川口支店)を開設

鶴ヶ島営業所を開設

1995年

2月

5月

池袋営業所を営業本部に統合、市場開発部として業務開始

宇都宮営業所を開設

1996年

2月

練馬営業所を開設

1998年

5月

8月

流山営業所を開設

自動販売機管理システムに「光通信機能」を導入

2002年

9月

西東京営業所(現:西東京支店)を開設

2004年

4月

ISO14001取得

2005年

11月

千葉営業所(現:千葉支店)を開設

2006年

4月

本社所在地を埼玉県川口市青木1-4-26に変更し、本部機能を移転

2007年

2月

6月

東松山営業所(現:東松山支店)を開設し、鶴ヶ島営業所を移管・閉鎖

大宮営業所(現:大宮支店)をさいたま市北区吉野町に移転

2008年

11月

川崎営業所(現:川崎支店)を開設

2009年

1月

12月

野田営業所(現:野田支店)を開設し、流山営業所を移管・閉鎖

神奈川営業所を川崎営業所(現:川崎支店)に統合

2013年

4月

ISO14001を自社システムに切替

2014年

9月

東京北営業所(現:東京北支店)を開設し、練馬営業所を移管・閉鎖

2022年

3月

3月

各営業所の呼称を支店に変更

楽楽明細サービスを使ったロケフィ通知書の電子明細サービスを開始

金木屋商事

金木屋商事では、アイスクリームや冷凍食品といったフローズン食品の
デリバリーやベンディングサービス、取次販売を行っています。
高度な物流システム、万全の小売店サポートシステム、そして半世紀にわたる信頼と実績をもとに、
これからもお客様への充実したサービス提供を続けてまいります。

商号 金木屋商事株式会社
所在地 〒332-0031 埼玉県川口市青木1-4-26 Google Map
設立 1964年12月1日
資本金 3,037万円
事業内容

アイスクリーム・冷凍食品・業務用食材・製氷アイスの取次販売

アイスクリーム、冷凍食品自動販売機のベンディングサービス

店舗ショーケースの販売・テクニカルサービス

創業者 植木 瞭
代表者 代表取締役社長 植木 康守
従業員 52名(2023年2月現在)
主な仕入先

アイス・冷食関係

江崎グリコ株式会社

株式会社ロッテ

森永乳業株式会社

ハーゲンダッツジャパン株式会社

株式会社明治

森永製菓株式会社

赤城乳業株式会社

井村屋株式会社

丸永製菓株式会社

クラシエフーズ株式会社

フタバ食品株式会社

オハヨー乳業株式会社

林一二株式会社

協同乳業株式会社

竹下製菓株式会社

機材関係

サンデン・リテールシステム株式会社

富士電機株式会社

金木屋商事 会社沿革

1964年

12月

埼玉県川口市青木町に金木屋商事株式会社を設立

1970年

3月

埼玉県大宮市吉野町に大宮支店を開設

1971年

10月

江東冷菓販売株式会社を吸収し、業務拡大

1976年

7月

9月

飲料事業部門を業務拡大の目的として大蔵屋商事株式会社を設立

埼京アイスクリーム卸業協同組合を吸収し、業務拡大

1983年

6月

11月

千葉県千葉市に共同商事株式会社を設立

会社組織を管理本部・営業本部の事業部体制とし、
営業本部を「直販事業部」「特販事業部(量販店)」に改称して組織変更

1986年

6月

千葉県市川市に市川配送センターを開設

1990年

3月

本社所在地を埼玉県川口市青木1-4-26に変更し、本部機構を移転

1992年

4月

11月

市川配送センターを船橋市南海神に移転し、船橋支店を開設

鶴ヶ島支店を開設

1998年

2月

営業本部のアイスクリーム事業部を「フローズン事業部」に改称

2002年

9月

第一倉庫冷蔵 岩槻支店を開設

2009年

3月

岩槻物流センターを開設